症状から探す

歩き方がおかしいに関する診療実績

診療実績すべてを見る

トイプードルの無菌性大腿骨頭壊死(レッグ・カルベ・ペルテス病)

無菌性大腿骨頭壊死(レッグ・カルベ・ペルテス病)は主に若齢の小型犬に起こることが多く、真の原因は不明であるが、大腿骨頭に向かう血管の異常によって大腿骨頭が壊死してしまうのではないk太といわれ

柴犬の膣に形成された平滑筋種

平滑筋種は平滑筋に由来する良性腫瘍である。多くは、形成されたことによる物理的な圧迫によって症状を呈して発見されるが、体表に形成された場合には、より早期に発見される場合もある。筋肉由来の腫瘍で

猫の外傷性後十字靭帯断裂

膝関節内には前十字靭帯と後十字靭帯が存在し、膝関節の上の大腿骨と脛骨を結んで二つの骨の安定性を形成している。 猫においては通常の生活の中でこれらの靭帯が損傷することは非常にまれで、落下や交通

雑種犬の肝臓腫瘍摘出(肝細胞癌)

肝細胞癌は比較的、肝臓に単独の大型の腫瘤を形成することが多いことがわかっている。しかし同じく肝臓に形成される良性の腫瘤である結節性過形成との区別は難しく、レントゲンや超音波検査でこの二つは区

チワワの会陰ヘルニアと脾臓腫瘍の摘出

会陰ヘルニアは去勢手術を行っていないオスに多く発生する疾患である。病気としては、会陰部の筋肉が非薄化してしまい、腹腔内の臓器がその非薄化部分から腹腔外に脱出してしあうことによっておきます。脱

パピヨンの前十字靭帯断裂

前十字靭帯は膝の関節の安定性に関与している靭帯で、この靭帯が損傷を受けることを状態によって前十字靭帯の部分断裂や完全断裂と呼ぶ。前十字靭帯断裂が起こる真の原因は明らかにされていない。しかし、

椎間板ヘルニアのトイプードルに対する内科療法

トイプードルやダックスフント、チワワやビーグルなど、骨の発達に遺伝的な特徴がある犬種のことを軟骨異栄養犬種といいます。これらの犬種では椎間板ヘルニアが起きやすいことが知られています。椎間板ヘ

トイプードルの前肢骨折(橈尺骨の骨折)

前腕骨折はトイ種の飼育が多い国内において最もよく遭遇する骨折である。骨折整復の仕方としてはギブス等もあるが、基本的には内固定(手術によるプレート固定)が第一選択となることが多い。

ウーパールーパーの脊椎骨折

両生類に限らず、小型のエキゾチックペットは扉や蓋で尾や足を挟んでしまう、インテリアを落としてしまい体にぶつかってしまう、抱きかかえていたところから落としてしまうといった理由での骨折が頻発しま

雑種犬の特発性前庭障害

特発性前庭疾患は老犬に非常によく認められる疾患です。片側に頭を傾け、症状の強さによっては転倒してしまいうまく歩けないこともしばしばあります。支持療法を行い経過を観察していくと症状が自然と改善

1 / 212

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有