症状から探す

歩き方がおかしいに関する診療実績

診療実績すべてを見る

ドーベルマンの肉球に形成された肉芽組織による跛行

跛行が生じている際には、注意深く触診することが重要である。大型犬においては骨関節疾患が多発するものの、本症例のように整形外科疾患以外の理由で跛行を呈することもあるため、注意深く観察・触診する

ミニチュアダックスフントの多発性筋炎

多発性筋炎は全身性炎症性ミオパチー(筋症)である。原因によって感染性と非感染性に分けられるが、本症例では免疫介在性と判断された。原因は不明であるが、犬では年齢や犬種ごとに好発条件はわかってい

トイプードルの無菌性大腿骨頭壊死(レッグ・カルベ・ペルテス病)

無菌性大腿骨頭壊死はレッグ・カルベ・ペルテス病とも呼ばれ、同一の疾患です。大腿骨頭および骨頚の無菌性壊死症。 大腿骨頭の虚血性壊死が原因で海綿骨が微小骨折し、痛みを伴います。 疫学 小型犬お

雑種ネコの大腿部の外傷

外傷の発生部位と、外に散歩に出かけていたという履歴より、猫同士のけんかによって発生した外傷と考えられる。猫のひっかき傷による外傷は感染が起こりやすいため、創傷の治療には感染のコントロールが非

チワワの前腕骨折(橈尺骨骨幹部横骨折)のプレートによる整復

「骨折」は、一般的な骨折と病的な骨折に分けられます。病的骨折は、腫瘍や炎症によって骨の構造自体が弱まってしまった時に耐え切れずに折れてしまうような骨折で、特に腫瘍が好発する高齢の大型犬で、た

ミニチュアダックスフントの爪の過長

爪の過長は、病気と呼ぶほどの異常ではない。しかし、過長に伴って異常の原因となる場合がある。通常であれば、歩く、かじる、ひっかく、掘るなどの行為により爪の長さは自然に適正に保たれるが、室内で飼

ウォブラー症候群疑いのドーベルマン

疾患には好発犬種というものが存在する。どの犬種でも起きえるが、特に発生が多い犬種である。ドーベルマンはウォブラー症候群の好発犬種であると同時に、椎間板ヘルニアの罹患がそこまで多い犬種ではない

トイプードルの無菌性大腿骨頭壊死(レッグ・カルベ・ペルテス病)

無菌性大腿骨頭壊死(レッグ・カルベ・ペルテス病)は主に若齢の小型犬に起こることが多く、真の原因は不明であるが、大腿骨頭に向かう血管の異常によって大腿骨頭が壊死してしまうのではないk太といわれ

柴犬の膣に形成された平滑筋種

平滑筋種は平滑筋に由来する良性腫瘍である。多くは、形成されたことによる物理的な圧迫によって症状を呈して発見されるが、体表に形成された場合には、より早期に発見される場合もある。筋肉由来の腫瘍で

猫の外傷性後十字靭帯断裂

膝関節内には前十字靭帯と後十字靭帯が存在し、膝関節の上の大腿骨と脛骨を結んで二つの骨の安定性を形成している。 猫においては通常の生活の中でこれらの靭帯が損傷することは非常にまれで、落下や交通

1 / 212

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有