手術実績一覧

手術に関する診療実績

診療実績すべてを見る

ミニチュアダックスフントの乳腺腫瘍

乳腺周辺にしこりが認められた場合には良性腫瘍である乳腺腫瘍や混合腫瘍の可能性、悪性腫瘍である乳腺癌、乳腺上に形成された皮膚由来の脂肪腫や肥満細胞腫などの可能性、乳腺炎など、腫瘍性病変ではない

シェパードの胃拡張・捻転症候群の外科手術

胃拡張・捻転症候群は、ほぼ前触れなく起き、強い臨床症状を呈するため、状態を見てご家族が異常に気付かないということはまずありません。 主な症状は腹部の鼓張、元気消失、浅速呼吸、活動性の低下など

中程度歯周病のコーギーに対する口腔外科

歯周病の正式な診断には麻酔下でのプローブ探索や口腔内レントゲンが必要となるため、術前に何本抜歯するか、残せるのかという正確な数字を出すことができません。 特に中程度~重度の歯周病では10本以

グレードデーンへの断耳処置

断耳処置はグレートデーンやピットブル、ドーベルマンやミニチュアピンシャー、シュナウザー等に行われることのある処置です。 希望の方は、お電話にてご予約ください。 また、施術には事前の来院が必要

ウサギの去勢手術

ウサギは外見によらず、オス同士ではケンカが発生し、場合によっては弱い方の陰嚢を噛みちぎってしまうこともあるほどです。 基本的には単頭飼育を行うべきですが、希望がある場合には去勢手術も対応いた

ゴールデンレトリバーの顆粒膜細胞腫と子宮蓄膿症(パイオメトラ)

子宮蓄膿症(パイオメトラ)は、子宮に膿がたまってしまう状態であり、正常な子宮から、子宮水腫や子宮内膜症を介して子宮蓄膿症へと進行していく経過がみられる症例もあれば、突然子宮蓄膿を起こして来院

オーストラリアンシェパードの乳腺腫瘍

未避妊のメス犬において乳腺腫瘍は比較的発生頻度の高い腫瘍である。乳腺腫瘍は良性乳腺腫瘍を長期間放置すると悪性科することが指摘されているため、針吸引生検によって乳腺由来腫瘍であることが確認され

ウサギの不正咬合に起因した下顎部膿瘍

適切ではない食生活から来る不正咬合は、咬み合わせが悪くなることによってそこからさまざまな症状を呈する可能性がある異常です。不整に伸びた歯が口腔粘膜にささっれしまったり、歯根が管を圧迫すること

ミニチュアダックスフントの中程度歯周病に対する口腔外科治療、スケーリング

歯周病が進行すると、歯周ポケットが深くなっていきます。深くなったポケットの中には病原性の強い歯周病菌が増えやすく、より歯槽骨を溶かしてポケットを深くしてしまう悪循環へと進みます。わんちゃんの

チワワの気管虚脱(グレードⅣ)

気管虚脱は若齢もしくは中高齢の小型犬に好発する気管軟骨の脆弱化や気管の膜性壁の指間などが原因で気管腔が狭小化することにより生じる症状です。異常な呼吸音を呈するときもあれば、咳がひどくでること

1 / 1012345...10...Last »

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有