手術実績一覧

手術に関する診療実績

診療実績すべてを見る

13歳のシーズーの脾臓に形成された血腫

脾臓の血腫は特発性に発生する。中年齢から高年齢にかけて発生が多くなり、小型犬が多い印象を受ける。 症状は決まったものはないが、よく起こるものとしては元気消失と食欲不振である。仮診断はレントゲ

雑種犬の脾臓に形成された血腫

血腫は血管の破綻によって発生する出血の結果である。外傷性に発生することもあれば、特発性に発生してしまうこともある。症状は主に失血による食欲不振や虚脱である。 症状が出てる場合には、出血量を考

雑種犬の乳腺に発生した骨肉腫

乳腺には類骨の細胞が含まれているため、その細胞が腫瘍化することもある。これらが由来の腫瘍で良性のものでは、良性乳腺混合腫瘍と呼ばれることもあり、それが時間経過とともに悪性化し、乳腺の細胞が悪

雑種ネコの乳歯抜歯

乳歯遺残とは、乳歯が抜けないで、ずっと残存し、永久歯が生えても乳歯が抜けていないことである。一般的に動物病院を受診するペットにおいて、乳歯遺残はトイ種の犬に最も多く認められるが、中型犬や猫に

ヨークシャーテリアの帝王切開

ペットが妊娠した場合、正常に分娩されない可能性を妊娠中から考慮して、妊娠初期から動物病院を受診して、分娩に関する情報や、難産の判定などを獣医師から聞いておく必要がある。 また、もしも何難産に

雑種犬の前胸部に形成された軟部組織肉腫(血管周皮腫)

軟部組織肉腫は、脂肪や繊維・血管などの軟部組織に由来する悪性腫瘍の総称である。具体的にどの主要なのかによって悪性度や転移率は異なるが、一般的な軟部組織肉腫全般の特徴としては、転移率はそこまで

ヨークシャーテリアの左肩部に発生した犬皮膚組織球腫

細胞診を行い診断がはっきりとつかず、疑われる疾患の中に悪性腫瘍が入っている場合には、組織生検へと検査を進める。その際、当院においては、良性であればそこで治療終了となるように腫瘤を最小マージン

トイプードルの乳腺腺癌の手術

乳腺腺癌は乳腺が由来の悪性腫瘍である。転移はリンパ向性に生じ、近隣のリンパ節から腹腔内や胸腔内のリンパ節に転移し、最終的には肺などに転移巣を形成することがある。

ミニチュアダックスフントの重度の歯周病に対する口腔外科

歯周病は進行すると歯茎や顎骨を融解してしまう。口臭は様々な原因により発生するが、一つは嫌気性細菌の過増殖によるといわれています。根本的な治療は麻酔科で歯周ポケット内を清掃したり、進行してしま

フレンチブルドッグの脾臓に形成された肉腫

検診時に脾臓や肝臓に偶然に腫瘤性病変が発見されるケースは非常に多く、発生している場所、大きさ、数、腫瘤内の様子、ほかの臓器にも腫瘤があるか、どのような内服を飲んでいるか、これまでに病気になっ

1 / 2112345...1020...Last »

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有