手術実績一覧

手術に関する診療実績

診療実績すべてを見る

トイプードルの乳腺腫瘍(良性乳腺腺腫)の手術

乳腺の腫瘍は避妊手術を実施していない、未経産の中高齢のメス犬に、比較的よく認められる腫瘍である。乳腺部に腫瘤が認められる場合には、大きく分けて乳腺が由来の腫瘤である場合と、皮膚や軟部組織、そ

ラブラドールレトリバーの精巣腫瘍(ライディッヒ細胞腫・精上皮腫)

犬における精巣腫瘍は比較的まれな部類である(停留睾丸による発生を除く)。良性・悪性どちらも存在し、中には混合腫瘍のこともある。悪性のものの中には転移を速やかに起こしてしまうものもある。 腫瘍

チワワの子宮蓄膿症の手術

子宮に関して、子宮蓄膿症の前段階の病変として、分泌物が過剰に貯留する子宮水腫や、子宮内膜炎、濾胞性子宮内膜炎や子宮内膜過形成など様々な状態があげられる。 中年例以降の未避妊の雌、特に発情後で

キャバリアキングチャールズスパニエルに認められた喉頭蓋の軟骨増生

生き物の体の組織は、慢性的に何らかの刺激が加わると、その刺激に対して組織を増やして対応しようとする反応を起こす。この状態を原因にもよるが過形成や増生と呼ぶ。 今回の症例では何が慢性的な刺激に

ハサミで皮膚を切ってしまったトイプードルの外科処置

皮膚は弾性を持つ組織で、その構造の性質上、全層が切れると萎縮してしまう。切り傷の場合、切開線の左右が萎縮することによって線状だった傷口はより広がっていく。 こうした傷はそのままにしておくと一

猫の外耳道の形成された鼻咽頭ポリープの摘出

鼻咽頭ポリープは猫に発生することが多い先天的と考えられる病変です。 先天的という事なので、ポリープによる症状はペットショップやお家に迎えてすぐに発症していることがほとんどです。 鼻咽頭ポリー

柴犬の両側潜在精巣とスケーリング処置

精巣は、通常では腹腔内で形成され、生後間もなく腹腔内から鼠経間を通って腹筋の外に出て、陰嚢内に収まる。陰嚢内に収まっていない状態を潜在精巣・停留睾丸、陰睾などと呼ぶ。潜在精巣は片側のこともあ

トイプードルの無菌性大腿骨頭壊死(レッグ・カルベ・ペルテス病)

無菌性大腿骨頭壊死(レッグ・カルベ・ペルテス病)は主に若齢の小型犬に起こることが多く、真の原因は不明であるが、大腿骨頭に向かう血管の異常によって大腿骨頭が壊死してしまうのではないk太といわれ

雑種猫の肛門腺の破裂

肛門腺の破裂は犬と猫で比較的生じやすい病気である。なぜ発生するかは明らかになっていないが、肛門腺の粘度が上昇することによって排泄ができなくなり、破裂することが多いようである。また、肛門腺液の

雑種猫の口腔内に形成された炎症性肉芽腫

口腔内に形成される炎症性肉芽腫は、歯肉炎に誘発することが多く、犬にも猫にも発生が認められる。特に多い発生部位として、舌の下や頬の舌側があげられる。 このような口腔内の腫瘤性病変は、診断を行う

1 / 1212345...10...Last »

お気軽にご相談ください

043-483-1212
受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場4台完備・近隣にコインパーキング有