症状から探す

眼が痛いに関する診療実績

診療実績すべてを見る

ポメラニアンの両眼に発生した免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎

免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎は、典型的には突然発生し、そのほとんどが両眼性に発生します。とても瞼が腫れ、若齢でも中高齢でも起きることがあります。好発犬種は現在のところ報告はありません。治療に関し

ポメラニアンに発生した免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎

免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎は、特に好発犬種は存在しないとなっている。発生は中年齢から高年齢までさまざまである。 また、ステロイド剤への反応が平均的な免疫介在性疾患より鈍いように感じる症例もいる

フレンチブルドッグの左目に発生した化膿性角膜潰瘍

角膜に傷ができてしまって上皮が欠損している状態を角膜潰瘍と呼ぶ。角膜上皮が欠損すると、細菌に対するバリア機能が著しく低下し、最近の賛成する毒素によって角膜実質の融解反応が起こることもある。速

雑種犬に発生した右眼の虹彩メラノーマ

メラノーマ(悪性黒色腫)は、メラノサイトが由来の悪性腫瘍であるが、発生する部位によって悪性度が異なることが知られている。一般に口腔内に形成されたものは転移率や予後があまりよくない。目に発生し

ミニチュアピンシャーのマイボーム腺機能不全症による角膜血腫

マイボーム腺機能不全症とは、上眼瞼・下眼瞼に存在するマイボーム腺の機能が何らかの原因で低下してしまうことによって発生する。排泄されるマイバムの性情によってグレード1~4まで分類される。治療と

柴犬の免疫介在性角膜炎・結膜炎(疑い)

角膜結膜炎においては免疫介在性を診断する方法は乏しく、乾燥性・感染性・外傷性を除外した後には免疫介在性を疑い試験的にステロイド剤を含有している製剤を使用し、その反応によって免疫介在性かどうか

シーズーの感染性角膜潰瘍

まつ毛が原因で角膜に障害を起こす場合には必ず障害の部位とまつ毛の存在する部位が一致している必要がある。 今回の症例のように短頭種の眼球の中央部はまばたきもできず、障害を受けやすい部位である。

スコティッシュフォールドのヘルペスウイルス性結膜炎

猫ヘルペスウイルは角膜や結膜、鼻粘膜に多く障害を起こし、猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)や角膜炎・結膜炎の原因となる。角膜や結膜に障害を起こす場合には、充血や表層の障害を起こすことが特徴的であ

猫の外傷性角膜障害とヘルペスウイルス性角結膜炎

ヘルペスウイルスは猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)の原因となるウイルスであり、カリシウイルスやクラミジア、そのほかの常在菌と合わさり若齢猫の上部呼吸器の異常を出す感染源のうちの一つであると知ら

トイプードルの濾胞性角膜炎

角膜に持続した炎症が存在すると、血管新生や色素沈着、濾胞の形成を起こすことがある。本症例は角膜濾胞が形成されていた。それらはあくまで二次的な異常であるため、根底となる慢性刺激や慢性炎症の原因

1 / 3123

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有