症状から探す

眼が痛いに関する診療実績

診療実績すべてを見る

ミヌエットのアトピー症候群

猫のアトピー症候群は、顔皮膚炎や好酸球性肉芽腫、プラーク、局面や粟粒性皮膚炎などの疾患の総称である。原因物質の特定が難しいこともあるが、非ステロイド性の免疫抑制療法に比較的よく反応する疾患で

雑種ネコのヘルペスウイルス性角膜炎・結膜炎

猫において、感染性の角結膜炎の原因としては、ヘルペスウイルスやクラミジアなどが挙げられる。外見上の特徴として、クラミジアの感染症では結膜浮腫が重度に出るが、充血や粘膜のびらんはまれである。今

チワワの自発性慢性角膜上皮欠損症(SCCEDs)

自発性慢性角膜上皮欠損症(Spontaneous chronic corneal epithelial defect:SCCEDs)の原因は特発性と言われているが、この疾患のように、しばしば

パピヨンの角膜穿孔に対する点眼処置による治療

角膜穿孔は、角膜に穴が開いてしまう状態を指す。外傷性に穿孔を起こしてしまうこともあるが、一般的によく遭遇するのは、感染がコントロールできずに、細菌感染によって角膜実質が融解してしまうことによ

ミニチュアダックスフントの特発性ぶどう膜炎

ぶどう膜は、虹彩・毛様体・脈絡膜という、目の中にある3つの構造を合わせたものであり、ぶどう膜炎とは、これらの膜が炎症を起こしている状態です。 眼内に炎症が起こっている状態と判断してよいでしょ

ポメラニアンの両眼に発生した免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎

免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎は、典型的には突然発生し、そのほとんどが両眼性に発生します。とても瞼が腫れ、若齢でも中高齢でも起きることがあります。好発犬種は現在のところ報告はありません。治療に関し

ポメラニアンに発生した免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎

免疫介在性肉芽腫性眼瞼炎は、特に好発犬種は存在しないとなっている。発生は中年齢から高年齢までさまざまである。 また、ステロイド剤への反応が平均的な免疫介在性疾患より鈍いように感じる症例もいる

フレンチブルドッグの左目に発生した化膿性角膜潰瘍

角膜に傷ができてしまって上皮が欠損している状態を角膜潰瘍と呼ぶ。角膜上皮が欠損すると、細菌に対するバリア機能が著しく低下し、最近の賛成する毒素によって角膜実質の融解反応が起こることもある。速

雑種犬に発生した右眼の虹彩メラノーマ

メラノーマ(悪性黒色腫)は、メラノサイトが由来の悪性腫瘍であるが、発生する部位によって悪性度が異なることが知られている。一般に口腔内に形成されたものは転移率や予後があまりよくない。目に発生し

ミニチュアピンシャーのマイボーム腺機能不全症による角膜血腫

マイボーム腺機能不全症とは、上眼瞼・下眼瞼に存在するマイボーム腺の機能が何らかの原因で低下してしまうことによって発生する。排泄されるマイバムの性情によってグレード1~4まで分類される。治療と

1 / 41234

お気軽に
ご相談ください

志津しらい動物病院043-462-1122 受付時間 9:00~11:30 15:00〜18:30

佐倉しらい動物病院043-483-1212 受付時間 9:00~11:30 14:00~17:30

お問い合せフォーム
インターネットでカンタン相談

病院案内アクセス
駐車場有・近隣にコインパーキング有